華麗なるお取り寄せ生活

自他共に認める飲み食い道楽&管理栄養士のYUKOさんが、石巻から取り寄せるべき逸品を紹介

vol.9

2016.06.27

浜の味がぎゅ~っと詰まった炊き込みご飯

【海の幸×ササニシキのベストマッチング】

美味しいお寿司屋さんが多いことで有名な石巻。

それもそのはず!

石巻は獲れる魚の種類が日本一という漁場をかかえ、

さらに、こちらも生産量日本一というササニシキのふるさとです。

ササニシキと言えば、築地や銀座の有名寿司店でも使われるほど、

上品かつ繊細な味わいで寿司ネタとの相性がいいお米。

しかし、栽培には大変な手間ヒマがかかる難しい品種で、

全国の米生産量の1%程度しか作られていません。

そんな貴重なササニシキで、石巻自慢の海産物を贅沢に炊き込むという『浜ごはん』。

さっそくお取り寄せしてみました!

mamefuku-246

3種類の味が選べる『浜ご飯』

 

【浜の味が3種類。贈り物にも使えそう】

石巻の浜の味をお取り寄せ。

3種類の味はどれも本当に美味しそうで、何からいただこうかと迷ってしまいます。

1種類だけでも買えるので、気軽なお土産としても配りやすく、

また贈り物には高級感漂う3箱入りのギフトセットがかなり使えそう。

高級感漂う3箱入りのギフトセット

高級感漂う黒箱に入ったギフトセット

牡蠣ねぎこしょう飯、ごま鮭すし飯、茎わかめほたて飯の3種類。1種類づつでも購入できます

箱を開けるとこんな感じ。浜のことや生産者、食材についての説明書も入っていて、石巻の海を感じてもらえる贈り物になります

IMG_0993−2

味は「茎わかめとほたて飯」「牡蠣ねぎこしょう飯」「ごま鮭すし飯」の3種類

 

また、3種類でガラリと風味が違うのも嬉しいですね。

『牡蠣ねぎこしょう飯』

名産地・荻浜(おぎのはま)の牡蠣がごろっと入ったピラフ風の和洋折衷。

こしょうがエスニックなアクセントになり、私の中ではイチ押しです。

 

一方、『茎わかめほたてご飯』は、

ブランドわかめとして有名な「十三浜のわかめ」の茎とほたてを一緒に。

コリコリしたわかめの茎の歯応えと、

凝縮されたほたての旨みがクセになる醤油味の炊き込みご飯。

ごま鮭すし飯』は酸味がアクセント。

石巻雄勝町、立浜でとれた脂がのった銀鮭をたっぷりのごまとダシ汁で。

酢飯だから冷めても美味しく、お弁当にもオススメです。

IMG_1021−2

いずれも味付けには、石巻産の旨塩を使用

 

【炊飯器に入れてスイッチを押すだけ】

作り方は超簡単。

お米(ササニシキ2合)と具がセットになっていて、他には何も要りません。

DSC_0013

レトルトパックで常温保存できるのもうれしい

 

お米を洗って炊飯ジャーにセット。

具が入ったレトルトパックを汁ごと入れて混ぜ、スイッチを入れるだけ!

DSC_0014

汁ごとジャッと流し入れるだけ

 

DSC_0018

ダシとお米がなじむよう軽く混ぜましょう

 

これで本格的な炊き込みご飯ができるのですから、

忙しい主婦や料理が苦手な人にも重宝。

1箱で2合分ですから、4人家族で食べきれて、

おにぎりにすると8個くらいでしょうか。

あとはお味噌汁でもあればOK。

牡蠣がごろっと入って、本当においしそう!炊き上がりの香りがグッと食欲をそそります

具材がたっぷり入って、本当においしそう!写真は『牡蠣ねぎこしょう飯』です

 

私はせっかくですから、石巻の金華サバ一夜干しと出汁巻き卵、

わかめと豆腐のお味噌汁、浅漬けでいただきました。

友人や仕事仲間にも振舞って、大絶賛でしたよ〜♪

石巻の浜の香り、あなたもぜひ食卓で♥

IMG_1004−2

 

今月のお取り寄せ

浜ごはん

ごま鮭すし飯、茎わかめホタテ飯、牡蠣ねぎこしょう飯、それぞれの炊き込みご飯具材と、各味に石巻産ササニシキ(生米)300gがついた3箱入りギフトセット。また、1箱づつでもお取り寄せできます。

華麗なるお取り寄せ生活