巻物語

意外な歴史や知られざるミステリー、昔話など、各地で語り継がれる物語を発掘

2017.03.01

「生きているのはいいことだ。命があるのはいいことだ。」矢野顕子さんが石巻で作ってくれた応援歌

今年も3月がやってきました!

東日本大震災の被災地はまる6年が経つ今も、まだまだ復興途上です。

石巻市内では、実に4828人(2017年3月1日現在)の方がいまだ仮設住宅で暮らしています。

このところ大きめの揺れを感じる地震もあり、さまざまな感情が沸き上がる春。

心静かに、6年前のあの日から現在までを振り返ると、

「震災自体は最悪だったけれど、その後は悪いことばかりでもなかった」というのが、

多くの方から聞かれる感想かもしれません。

「悪いことばかりではなかった」

この記憶を信じて、これからも前を向き共に歩いていきましょう!

 

今回は、NY在住のアーティスト・矢野顕子さんが2012年秋に石巻を訪れ、

「明日被災するかもしれないすべての人に向けて」と作ってくれた

『海のものでも 山のものでも』という曲をご紹介します。

「生きているのはいいことだ。命があるのはいいことだ」

この歌詞の意味を噛みしめて、一日一日を大切にしたいものです。

 

 

巻物語