移住しちゃう?

石巻への移住を考える人へのヒント集

2016.10.17

超広大な敷地、駅近、1000万円以下も!家、買っちゃう?石巻のリアル中古戸建情報

短期ならシェアハウスや賃貸でも十分ですが、

長期、あるいは家族を伴っての移住なら「家を買う」という選択肢もあり!

では、どんな物件が、どれくらいのお値段で売りに出ているのでしょう?

今回は石巻のリアルな売買物件情報を、中古戸建付き物件にしぼって調べてみました。

 

【物件その1:ザ!田舎暮らし 憧れの菜園付き古民家】

都会や街を離れて移住するなら、

大自然ならではの静寂や季節の移ろいを身近に感じたいものです。

そんな暮らしを実現できるのがコチラ!

「中古一戸建、3DK、1980万円」

%e5%86%99%e7%9c%9f0

部屋数は少ないし、価格的にもそんなに安くない感じ?

しかし土地面積をよーく見てみて下さい!

なんと驚愕の「2680㎡(810坪)」!!!

 

私自身、建築士として都心でさまざまな物件に携わりましたが、

ゼロひとつとった268㎡でも広いと思うくらいなので、個人の住宅としては想像を絶する広さです。

例えると、オリンピックの競泳用プール2個分、アメフトのフィールドの半分くらい。

ではさっそく、現地の様子をご紹介しましょう。

SONY DSC

物件があるのは石巻駅から車で約30分、

川と山と田園風景に囲まれたのどかな内陸エリアです。

SONY DSC

こちらが物件の入り口。門構えも立派です

SONY DSC

憧れの平屋!

築65年の古民家ですが、2003年に水回りなどはリフォームされています。

SONY DSC

建物の前には立派な庭園があり、これも風情があって魅力的なのですが、

特筆すべきは、なんといっても裏庭!

すぐに家庭菜園を始められそうな、整地された畑が広がっています。

SONY DSC

広大すぎる裏庭

 

写真左手の納屋もついてきますので、

倉庫としてだけではなく趣味の部屋や工房としても活用できそう。

周りも大きな区画の立派なお屋敷ばかり。

農家さんが多いので、農作業を教えてもらいながら交流を深めてみてはいかがでしょうか。

【物件その2:お買い得!1000万円以下物件】

広々田舎暮らしには憧れるけれど、ちょっと価格に手が届かない、

家庭菜園にはそれほど興味がない……。

そんな人にちょうど良さそうなのがこちらの物件です。

前述の物件と同じく、内陸の農地エリア。

山裾に住宅が並び、平地には広大な田園風景が広がっています。

SONY DSC

間取りは5DK、建物面積は約100㎡、土地面積は約400㎡。

そしてお値段は……なんと680万円!

建物は築38年、200~300万円かけてリフォームやリノベーションをすれば、

より快適に暮らせそうです。

土地面積は最初の物件ほど広くはないですが、

お庭を造り込んだり小さな菜園を設けたり、

マイホームの夢をかなえるには十分な広さ。

近くには公営のホールや大きな公園、

こだわりの焙煎珈琲のお店もあり、アクティブにレジャーを楽しめそうな立地です。

 

【物件その3:快適、便利、安心!住宅街で平屋暮らし】

田舎すぎるのは不安、車の運転に自信がない。

病院や役所、スーパーなど近い方が良い……。

定年を機に移住して、ゆったりした住まいにお孫さんや家族を招きたいなど。

そんなご要望をかなえる物件もありますのでご安心下さい◎

SONY DSC

間取りは4SDK、建物面積は約140㎡、土地面積は約380㎡。

築29年の重厚な木造平屋建てです。

本瓦の美しい屋根や作り込まれた日本庭園に持ち主さんのセンスやこだわりが感じられます。

10畳+8畳の続きの和室もあるので、家族や友人を大勢招く事もできそうな間取です。

SONY DSC

立地は石巻駅の北側に広がる閑静な住宅街エリア、

公共施設や商店など生活利便施設も徒歩圏にあります。

そのため価格は1850万円と少し高めになりますが、

建物の状態もよく、土地も十分に広いので、

静かに、そして安心して石巻での暮らしを楽しめそうです。

 

地方の物件情報が豊富なサイトでざっと調べてみただけでも、

石巻圏では、最安400万円から2000万円以下で買える中古戸建付き物件が、

30件ほども見つかりました。

予算やエリアを絞って探せば、さらなるお宝物件にも出会えるかもしれません!

247748_465266256851992_185397144_n天野美紀(あまの・みき)/埼玉県出身。東京の一級建築士事務所アトリエ・天工人、ブルースタジオを経て2010年に独立。デザイン事務所「株式会社アトリエイーゼロサン」を設立し、主に住宅・集合住宅のリノベーションを手掛ける。震災後、縁あって石巻に入り、2013年には東京と石巻の二地域居住を実践しながら、石巻のおウチごはんとジビエ料理のレストラン『日和キッチン』を開業。2014年に、石巻への完全移住を果たし、現在も飲食店オーナー兼フリー建築士として活躍する。

移住しちゃう?