食べ物

「希望」(鰹節)

明治36年の創業以来、魚にこだわり続け、追求した旨味で、東北のそば屋、うどん屋などで愛用される伝統のかつおぶし。津波の被害から唯一残った削り節の製造ラインでつくるものを、ここから「希望」を持ち始めるという意味で名づけた。

推薦者の声

「濃いダシが出る実力派の鰹節。希望パッケージは被災のストーリーも伝えられます」

印刷