歴史

石井閘門

北上運河の起点(旧北上川との分岐点)に水位調節のため建造された煉瓦閘門。内務省雇長工師のオランダ人ファン・ドールンの計画に基づき、明治11年に起工、明治13年に竣工されました。石井閘門は、明治政府が東北地方開発の拠点として建設を進めた野蒜築港事業の代表的遺構として重要。日本における近代閘門のはじまり、また明治期から大正期にかけて全国に建造された近代閘門の規範を示すものとして、土木技術史上の価値が高く、国の重要文化財に指定されています。

DATA

住所/宮城県石巻市水押三丁目6地先

印刷