散策

牡蠣王の碑(荻浜)

牡蠣養殖の父、「牡蠣王」の異名をとる宮城新昌がカキ養殖に最も適した場所として見いだした荻浜(おぎのはま)。白い牡蠣を象った大きなモニュメントと共に、彼の偉業をたたえる碑が立っています。また明治41年には石川啄木もここを訪れ、「港町 とろろとなきて輪を描く 鳶を壓せる潮曇りかな」という歌を詠んでいます。

DATA

住所/宮城県石巻市 荻浜葉山8 (羽山姫神社)
アクセス/JR石巻駅より車で40分

印刷